キャバクラのお仕事は、マイナンバーで親や会社にバレる?

キャバクラのお仕事は、マイナンバーで親や会社にバレる?

綺麗なドレスを着て、お客様と一緒においしいお酒と談笑を交わし、高いお給料を稼ぐことができるため、若い女性を中心に人気のキャバクラのお仕事。
とっても大変なお仕事ですが、その華やかなイメージに心惹かれて、キャバクラで働きたい!と思っている女性も多いのではないでしょうか?
実際に、高校を卒業してすぐキャバクラで働いたり、OLをしながら働いているキャバクラ嬢はたくさんいます♪

ただ、キャバクラで働きたいと思っている女性たちが1番懸念していることの中に、マイナンバーによる親や会社へのバレではないでしょうか?
彼氏相手であれば、ちょっとしたつじつま合わせ程度で隠すことができるかもしれませんが、マイナンバーという公的資料は仕組みがよくわからないし、親や会社にバレるのはまずい!
だからなかなか応募への一歩が踏み出せない……という女性は、どうやらたくさんいるようです!

そこで今回は、マイナンバーでキャバクラのお仕事がバレるのかどうかについてお伝えします♪
キャバクラで働きたいけど、マイナンバーでバレるのが怖いというアナタは、ぜひチェックしてくださいね☆

そもそも、マイナンバーってどんなもの?

マイナンバー自体がどういうものなのかを知らない方も多いので、ここではまず「マイナンバーとは一体どういうものなのか」について、簡単かつわかりやすくご紹介します♪

マイナンバーとは簡単にいうと、12桁の数字によって国民の情報を整理・統括・管理するために作られた制度です。
マイナンバーを使うことによって、個人は市役所などで余計な資料を持たずとも手続きを完了することができますし、写真付きのカードを発行すれば、運転免許証やパスポートがなくとも、それが身分証明証にもなります。
会社はマイナンバーだけで労務管理をすることができますので、個人や会社に問わず、ものすごくメリットが大きいものなのです!

もちろんその分、個人情報が全て詰まっているものになるので、紛失することによって全ての個人情報が漏れるリスクもあります!
もし身分証明書の代わりとして日頃からマイナンバーカードを使うのであれば、しっかり大事に保管しておくことがおすすめです。

マイナンバーでキャバクラのお仕事はバレる?バレない?

マイナンバーとはどういうものなのか、簡単に説明しましたが、今回知りたいのは、マイナンバーの概要ではありませんよね?
マイナンバーの登場によって、キャバクラのお仕事が親や会社にバレるかどうかのリスクについて知りたいはず!
ということで、さっそく本題に入りましょう♪

まず結論からお伝えしますが、マイナンバーでキャバクラのお仕事の存在がバレることはありません!
なぜなら、キャバクラ店とキャバクラ嬢の間には雇用契約が存在しないケースがほとんどで、雇用契約がないお店で働く場合は、キャバクラ店での就業の履歴がマイナンバーに残らないからです!

その理由は、キャバクラ店とキャバ嬢の関係の仕組みにあった!

一部雇用契約が結ばれている店舗はあるものの、キャバクラ店とキャバ嬢の間には雇用契約が結ばれていないことがほとんどです!
たとえばキャバクラで働く女性たちは、みなさんどこかのお店に在籍していることになっていますよね。
グループ系列のキャバクラ店に応援で出勤することはあることもありますが、基本的には毎回決まったキャバクラ店に出勤するのではないでしょうか?

そのため「キャバクラ店に所属しているキャバ嬢」として働いているように思えますが、実際はそうではないことが多いのです!
実際の仕組みとしては、キャバクラ店がお客様に対して「女性が接客してお酒を飲むサービス」を販売しそれを請け負ってくれるキャバ嬢に「発注している」形で、キャバクラ嬢にお仕事が割り振られているのです。

そのため、キャバクラ店とキャバ嬢とは、一見「会社と社員」のような関係に見えて、実態としてはキャバ嬢にとってキャバクラ店は「取引先の顧客」のようになるということです!

雇用契約が結ばれていないなら、マイナンバーは提出しなくてもいい!

キャバクラ店とキャバ嬢の間には、ほとんどの場合、雇用契約が結ばれていません。
キャバ嬢に雇用保険や社会保険等の待遇がつかないのも、お店との間に雇用契約が結ばれていないからです!

そして雇用関係がないということは、マイナンバー上にキャバクラ店での勤務履歴が残らないということにもなります!
マイナンバーにはどこの会社でいつからいつまで働いたか、そしてどれくらいのお給料をいただいていたかなどのなどの就業履歴も記載されますが、それは雇用関係が結ばれた上で勤務していた会社のみです。
つまり、雇用関係が結ばれていないキャバクラでお仕事をしていたとしても、それがマイナンバー内に記録されないということです!

逆に言うと、キャバクラのお仕事では勤務が決定した際に住民票などの身分証を提出する必要がありますが、マイナンバーの提出を求められても提出する必要はありません。
住民票などでは読み取れないような情報も掲載されたとっても大事な個人情報になりますので、提出を求められても拒否することをオススメします!

それでもキャバクラのお仕事がバレるケースと対策法

雇用契約が結ばれていないお店で働く場合、マイナンバー経由でキャバクラのお仕事が親や会社にバレることはありません!
これで安心してキャバクラで働ける!と思われた方も多いかもしれませんが、じつはそんなマイナンバーが原因で、親や会社にキャバクラのお仕事がバレるケースもあるのです!

では、どういったケースで、マイナンバー経由でキャバクラのお仕事がバレるのでしょうか?
その対策も踏まえて、ご紹介します♪

確定申告を怠ると、キャバクラのお仕事がバレます!

キャバクラのお仕事はマイナンバーが原因で親や会社にバレることはありませんが、じつは確定申告を怠ることでバレてしまうので要注意です!

確定申告とは、毎年2月15日から3月15日の間に行わなければならない、収入を確定させるための申告手続きです。
OLであれば会社が代わりに手続きをしてくれるのですが、キャバクラのお仕事は雇用関係がありませんので、確定申告を自分で行わなければなりません!

キャバクラのお仕事が本業(会社に所属していない個人事業主の状態)の場合は年間38万円以上、副業(会社員をしながら)の場合は年間20万円以上の収入がある場合、確定申告の対象になります。
それ以下の場合は確定申告をする必要はありませんが、キャバクラのお仕事は時給も高いので、週に3日以上働いているような方であれば、ほとんどの方が申告の対象になると思ってください!

キャバクラのお仕事は、マイナンバーで親や会社にバレる?

なんで確定申告を怠ると、キャバクラのお仕事がバレるの?

なんで確定申告を怠るとキャバクラのお仕事がバレるかというと、まず1つは住民税の計算が合わなくなってしまうからです!

住民税は前年度の収入によって計算されます。とくにOLで会社勤めをされている方は、会社の経理担当の方が支給しているお給料の範囲のみで年末調整を行うので、実際の収入で計算される住民税の金額にギャップが生まれるのです!
それにより、会社の方に住民税の計算間違えが報告されるので、バレてしまうのです。

また、確定申告をする対象であるのにもかかわらず、確定申告を行なっていないということは「脱税」になるので、通達が自宅に届きます。
日本は税金大国なので、各種保険料や税金の支払い漏れがあると、すぐに通達や督促状が届くようになっています!
その通達や督促状の存在によって、親にバレてしまうというケースは少なくないので、注意しておきましょう!

対策は、確定申告をしっかり行い、住民税を自分で納付すること!

マイナンバーにはキャバクラの勤務歴は掲載されませんので、マイナンバーだけが原因となってキャバクラのお仕事の存在が親や会社にバレることはありません!
しかし自分の手続き不足や認識不足が原因で、バレることは大いにあります。
それではそうならないために、対策としてはどうすればいいのでしょうか?

①確定申告をしっかり行うこと

そもそも確定申告をしっかり行わなければ脱税になってしまいますし、それによって親にバレてしまうだけでなく、罰金を上乗せされた余計な税金を支払うことにもなってしまいます!
毎月の給料明細や仕事に使う備品のレシートを残し、収支をしっかり記録して、その内容をちゃんと確定申告で提出しましょう♪

②住民税を給料引き落としではなく、自分で支払うようにすること

通常住民税は、お給料からの差し引きになるのですが、キャバクラでお仕事をしている方がお給料からの引き落としで支払う場合、会社が計算した住民税の金額とギャップが出てしまいますので、それによってバレるケースがあるとお伝えしました!
しかし確定申告の際に、住民税の納付方法を選ぶことができますので、その時に「自分で納付する」という項目にチェックを入れておくことで、自分で会社の給与分以外の住民税を納付することができるようになります!
これによって、給料から差し引きされないので会社もいくら住民税を支払っているかを把握することができないことから、キャバクラのお仕事の存在がバレずに済みます♪

苦手な人は、税理士に相談することがオススメ!

正直、確定申告や税金関係が苦手だ!という方も多いのではないでしょうか?
そういう方は、お金はかかりますが税理士に相談したり、顧問契約を結んだ方が早く楽に手続きを済ませることができます!

税理士と顧問契約を結ぶことによって、普段の給料明細や備品購入のレシートを送るだけで、正しく税務処理を行ってくれます。
ややこしい手続きに頭を抱える心配もありませんし、知らなかった節税なども教えてくれるので、自分で確定申告をするよりも税金の金額を抑えることができます♪

税理士の顧問契約も月々2万円や3万円程度からと、勤務1日分程度で契約することができます!
面倒な手続きは取りたくない、でも余計な罰金を支払ったりバレたりするのは嫌だという方はぜひ、税理士に相談してみることをオススメします♪

キャバクラのお仕事は、マイナンバーで親や会社にバレる?

しっかり処理をすれば、キャバクラはバレずに働ける♪

いかがでしたでしょうか?
マイナンバーがあるからといって、キャバクラのお仕事が親や会社にバレることはありません!
年収などの収入はデータに反映されますが、雇用契約が結ばれていないお店では店名なども残りませんので、安心して働いてください☆

もちろん、すべてのお店がそうではなく、中には雇用契約がしっかり結ばれているお店もあります。ただ、マイナンバーでキャバクラのお仕事がバレたくなければ、雇用契約を結ばないお店を選ぶことで、バレるリスクを回避することができますよ♪

ただし、手続きを間違えればバレてしまうケースもありますので要注意です!
正しく手続きも行って、キャバクラのお仕事を楽しんでくださいね♪

★ 体入をするなら♪ キャバクラ求人・バイト掲載件数No.1 体入ドットコム ★

体入ドットコムは厳しい審査を通過した優良店のみ掲載なので、未経験者さんでも安心×安全!!

あなたにピッタリのお店を見つけて、楽しくナイトワークライフを送ろう☆

人と人の「縁」がモチベーション☆大好きな「キャバ嬢」という仕事を続けるために「昼キャバ」選びました!【みさきさん / 新宿・歌舞伎町】
キャバクラのお仕事は、マイナンバーで親や会社にバレる?

体入ドットコム 即日体入情報