「昼間はOL、夜はキャバ嬢」会社にばれないように働く4つのコツ

ダブルワークでキャバクラってあり?

「本職があるけど、もう少し稼ぐためにキャバクラで働きたいなぁ…」そんな時に心配なのは、本職にバレてしまわないかということではありませんか?

キャバクラは高時給なので、普通のアルバイトと比べて短時間でたくさん稼ぐことができます。本職の仕事が終わってからの時間を有効活用できればとっても効率的ですよね☆

今回は副業としてキャバクラで働きたい時に、本職にバレる心配なく働くコツをご紹介します♪

キャバクラで働く半数の女の子は本職を持っている

少し前までキャバクラで働く女の子は週に5日出勤のレギュラーで働く子が多かったのですが、最近では働いている女の子の半数はお昼に本職を持っていて、副業としてキャバ嬢をしています。

副業として働く場合は、メインで売り上げるよりも、売り上げ担当の女の子のヘルプとして働いている場合が多いです。

ですので、以前よりも水商売のハードルが下がり、未経験やダブルワークでも働きやすくなっているのです。

「副業で働きたいなんて、お店は許してくれるのかな?」などという心配をする必要はありませんよ☆

見た目は普通で大丈夫

キャバクラで働くとなると、どんなお化粧や髪型で働けば良いか気になりますよね!

お昼の仕事をしていると、社会人としてふさわしい見た目を求められることが多く、自由にお洒落をすることができないという人が多いのではないでしょうか。

「副業でキャバ嬢として働くなら、ガッツリメイクで明るめのヘアカラーにしなくちゃいけないの?そうだと副業ができない…。」と思ってしまうところですが、最近ではナチュラルメイクで黒髪のキャバ嬢さんが増えているのです☆

キャバ嬢だからと言って派手に着飾るよりも、清楚な雰囲気が案外お客さんのハートをくすぐるものですよ♪

マイナンバーで本職にバレるの?

マイナンバー制度で「何かしらの副業を行ってること自体」は本職にバレてしまうことがあります。

働いてお給料をもらった際に、国に納める所得税と、地方(お住まいの市区町村です)に納める住民税の2つの税金を納めることになります。

本職では住民税を天引きしてもらう特別徴収という形で住民税を収めている人が多いかと思いますが、副業の場合は特別徴収はできません。

特別徴収ができないとどうなるのかと言うと、マイナンバーに紐づいているもう一つの収入源である本職の方からまとめて徴収されることになります。

本職でのお給料が増えていないのに住民税の額が増えたということはもう一つ収入源があるとわかり、ここで本職に副業がバレるのです。

ですが!副業はバレるものの、どこで働いているかまでは本職ではわからないようになっているので、自分からキャバクラで働いていると言ってしまわない限り、「どんな副業で副収入を得ているのか」というところまではバレることはありません。

ちなみに

  • 確定申告をしっかり行う
  • 住民税を自分で支払うようにする

この2点をおさえれば法律に反せず確実にバレずに働くことができます。

☆ キャバクラのお仕事は、マイナンバーで親や会社にバレる? もっと詳しくはコチラ ☆

本職にバレたらどうしよう?バレないでキャバ嬢をする4つのコツ

それでは本職にバレないようキャバ嬢として働くための4つのコツを見ていきましょう!

①会社の近くにあるお店は選ばない

会社の近くにあるお店を選ぶと、働いているお店に会社の人がお客さんとして飲みに来てしまいバレる恐れがあるため、会社の近くのお店は選ばないようにしましょう。

会社の最寄り駅でキャバ嬢をする人はほとんどいないかとは思いますが、会社の人達が良く飲みに行く繁華街にも注意が必要です!

キャバ嬢として働いている間、どんなお客さんが来店したかを常にチェックすることはできません。

会社から離れたところにあるお店を選べば、安心して働くことが出来ますね☆

②お店のHP、ブログに顔出しはしない

キャバクラ店はお店のホームページやブログを持っていることが多く、働いている女の子たちも自分の顔写真を掲載していることがあります。

キャバ嬢を専業でやっている分には顔出しが売り上げUPにつながるためお勧めしたいのですが、副業として本職にバレないように働くには顔出しすることはお勧めできません。

ネットは不特定多数の人が見ることができるものなので、お店に出向かなくてもスマホやパソコンからチェックできてしまいます。

お店のホームページやブログに顔出しをしないことで、ネットからキャバクラ勤めがバレてしまうことを防げますよ!

③無理しすぎないシフトで働く

自分の体力に無理のない範囲で働くようにしましょう。

あまり夜遅くまで頑張りすぎてしまうと、翌日に疲れが残ってしまいます。

今まで問題なく元気に働けていたのに、常に二日酔いだったり疲れ切っていると、会社の人達に「プライベートで何かあるのでは?」と疑われてしまいます。

いつも通りのパフォーマンスで本職の仕事をこなせば、会社の人達に副業を疑われることはありません☆

④お客さんにあまり自分のことを話しすぎない

聞き上手なお客さんだと、ついつい自分のことをたくさん話してしまうこともあるかと思いますが、あまり詳しく自分のことを話すのはお勧めできません。

人間関係は意外と狭く、お客さんと会社の人が意外なところでつながっていることがあるのです。

お客さんが「気になる子がいる」と言って本職の会社の人に相談をしていた場合、特徴を話していくうちにバレてしまうことだって無いとは言えません。

お客さんに自分のことを話すときはほどほどにしておきましょう!

フォローしてもらえる環境づくり

副業でキャバ嬢をする上で何より大切なのは、何かあった時にフォローしてもらえる環境づくりです。

ボーイさんや女の子と日頃から仲良くしておくことによって、万が一会社の人がお店に来てしまった時でもフォローしてもらえたり、シフトも無理なく働けるように配慮してもらうことができます。

夜のお仕事だからとだらしない働き方はせずに、本職の人間関係と同じように真面目に礼儀正しく働き、自分の味方を作っておきましょう♪

まとめ キャバクラでの副業は気を付ければ大丈夫。

いかがでしたか?

副業でキャバ嬢をしても、意外と本職にバレないように働くことが可能だということがお分かり頂けたかと思います☆

キャバクラでの副業に興味がある方は、今回ご紹介した本職にバレないようにキャバ嬢として働くコツを参考にしてみてくださいね♪

体入するなら!業界知名度No.1のナイトワーク専門求人サイト☆体入ドットコム

厳しい審査を通過した『優良店』のみ掲載だから、とにかく安心×安全!!
未経験者さんに優しいナイトワーク専門求人サイト「体入ドットコム」であなたにピッタリのお店を見つけよう☆

「昼間はOL、夜はキャバ嬢」会社にばれないように働く4つのコツ

体入ドットコム 即日体入情報