キャバ嬢さん要チェック!キャバクラの「アフター」での危険回避のコツ☆

キャバクラの営業終了後にお客さんと合流するアフターは、キャバ嬢の仕事の1つとして認知されています。
指名に繋がるなど、いいことがたくさんあるアフターですが、実は危険なことも潜んでいるんです。

そこで今回は、キャバ嬢がアフターで怖い目に遭わないための危険回避のコツをご紹介します☆

キャバクラのアフターにはどんな危険が潜んでいる?

キャバ嬢がアフターをしても、時給やバックは発生しません。
しかし、次の来店や指名に繋がりやすいというメリットがあります☆

それでは、そんなアフターにまつわる危険にはどんなことがあるのでしょうか?

酔っぱらってしまう

キャバ嬢は、アフターをする前にお店でお酒を飲んでいます。
そのままアフターでもお酒を飲むことが多いため、必然的に飲酒量が増えてしまいます。

気持ちよく酔っぱらってしまうだけならまだ良いですが、最悪の場合アフターで潰れてしまうことも。

潰れてしまったら抵抗力が弱まってしまうため、危険な目に遭う確率がグンと高まってしまいますよ。

自分とお客さんの間に人がいない

キャバクラで働いている時なら店長やボーイがいてくれますが、アフターはお客さんと2人きりです。
キャバクラで過ごす時よりも、密着しようとしてきたり身体を触ろうとしてくる可能性があります。

お店にいる時は優しくても、アフターになった途端に態度が変わる危険なお客さんが一定数はいるということを頭に入れておきましょう。

家を特定しようとしてくる

お客さんの中には、アフターが終わると送ろうとしてくれる人がいます。
もちろん、親切心から言っている場合もありますが、そうではない場合もあります。

  • タクシーに乗せてくれたあとに自分も別のタクシーに乗り、家を特定しようとするケース。
  • 駅の改札を入っていったあとに遅れて入り、着いて行って最寄駅を特定しようとするケース。

少なくともこの2つのケースが予想されます。

また、中には自分の車で送っていこうとする人もいるので注意が必要です!
そもそも、お酒を飲んでるお客さんの車に乗るのは法律違反ですね。

キャバクラのアフターで危険を回避できるのは自分だけ!

様々な危険が潜んでいるアフターですが、自分が少し気をつければ危険を回避をすることは簡単です!

自分が怖い目に遭わないためにも、しっかりとアフターでの危険回避術を知っておきましょう☆

お酒を飲まない・ペースを落とす

必ずしもお酒を飲むことがアフターということではありません!

以下のセリフを使って上手にお酒を避けましょう。

  • お酒を飲むとご飯が入らないの。たくさん食べたいからお酒は控えたいな!
  • ダイエット中だからお店でしかお酒は飲まないようにしてるの
  • 明日、朝早いからソフトドリンクでもいいかな?

上手に断ろうとしてもお客さんが良い顔をしてくれない、空気がシラけてしまいそう…。

そんなときは、アフター先の店員さんに協力を求めるのもアリです☆

店員さんにこっそり「私のお酒を薄めて出してほしい」と伝えれば、極限までお酒を薄めて提供してくれますよ!
カラオケ店で盛り上がってしまった時など、どうしても飲まなくてはいけないような場合は、スローペースで飲むようにしましょう。

席を立つときは飲み物を空けてから

お客さんの中には、どうにかキャバ嬢を潰したくて強いお酒を飲ませようとしてくる人がいます。
もっと危険な場合は、席を空けている間に睡眠薬などを混ぜる人もいます。

お手洗いに行く時など、席を立つときは飲み物を飲みきってから行くようにしましょう!

もしも、そのまま席を立ってしまった時は戻った際に以下のことをチェックしてみてください。

  • お酒の匂いが変わっていないか
  • 色の変化はないか(睡眠薬の多くは溶けると青色に変わります)
  • 相手の様子に変化はないか

不安な場合は「違う飲み物が飲みたいな!」と言って、飲み物を変えてしまうのも◎

飲み物の主導権を渡さない

危険回避のために飲み物を空けてから席を離れようとすると「注文しておくよ」とお客さんが言ってくる場合があります。
ここで注文をお願いしてしまうと、せっかく飲み物を空けても意味がありません。

「何飲むかまだ考えてるから大丈夫だよ!」と断るようにしましょう。

自分が飲み物を注文する係に徹底しておけば安心です♪

可能ならアフターは複数で

お客さんが1人の場合は少し難しいですが、2人組や団体でのアフターの場合は他のキャストも一緒に行きましょう!
1対1で過ごすよりもアフターでの危険度がグッと下がり安全・安心度がアップします♪

お一人様の場合でも「○○ちゃんも一緒にアフター行っていい?」と聞くだけ聞いてみるのも◎

賑やかにアフターを過ごしたいと考えてる人ならOKしてくれますよ☆

人が多いお店でアフターする

付き合いの長いお客さんなら構いませんが、なるべく個室系のお店でのアフターは避けましょう。
プライベートカラオケやバーなどを提案されたら、自分から他のお店を提案するようにすると◎

「う〜ん、焼肉食べたいからアフターは○○にしよう!」と具体的に決めてしまえば、変なことを考えていない限り従ってくれるはずですよ。

やたら食い下がって個室に連れ込もうとしてくる場合は、アフターを中止した方が無難です!

そもそも不信感を感じたら行かない

キャバクラで初めて出会ったお客さんでも、当日にアフターに誘ってくる人はいます。

お店で話した時点で行動や言動、雰囲気などいずれか1つでも違和感を感じたら、アフターに応じないようにしましょう。

キャバクラでの遊び方が分かっているほとんどの人は、初対面でアフターに誘うなんてことはしません!
どうしてもアフターに行かなくてはならない場合は、以下のことをしておきましょう。

  • アフターの時間を決める
  • 店長やボーイにアフターへ行くことを伝えておく

店長やボーイに伝えておけば、予定の時間を過ぎても連絡に応答がない場合、アフター先のお店まで迎えに来てくれますよ☆

危険回避術をマスターして楽しくキャバクラのアフターをしよう♪

いかがでしたか?

キャバクラのアフターは、メリットが大きいかわりに危険も潜んでいるのです。

しかし、本来アフターは楽しいことなので、危険回避のコツを掴んでお客さんと親交を深めていきましょう♪

アフターに慣れないうちは、アフターが決まったら店長やボーイに伝えておく習慣をつけると良いですよ☆

アフターを楽しく過ごす為にも、信用できるスタッフの働く安全なキャバクラで働きましょう!!

体入するなら!業界知名度No.1のナイトワーク専門求人サイト☆体入ドットコム

厳しい審査を通過した『優良店』のみ掲載だから、とにかく安心×安全!!
未経験者さんに優しいナイトワーク専門求人サイト「体入ドットコム」であなたにピッタリのお店を見つけよう☆

体入ドットコム 即日体入情報