キャバ嬢の「枕営業」デメリットだらけの実態を解説します!

キャバ嬢の「枕営業」デメリットだらけの実態を解説します!

キャバクラの「枕営業」という言葉はご存知ですか?

「枕営業」とは、キャバ嬢がお客さんと性的な関係になることを条件に、キャバクラのお店で指名をしてもらい、売り上げをつくる営業方法です。
キャバ嬢はお客さんに疑似恋愛というサービスを提供することが仕事ですが、「枕営業」とはその疑似恋愛がエスカレートした行為のため、キャバクラなどのナイト業界では、基本NGな営業方法になります。

なぜ、キャバ嬢は枕営業をしてはいけないのでしょうか?

キャバ嬢が枕営業をするデメリットや、誘われた時の断り方等、詳しく解説していきますので、最後までしっかりとご覧ください。

ズバリ!キャバ嬢の「枕営業」は本当にあるの…!?

キャバ嬢の「枕営業」デメリットだらけの実態を解説します!
基本的にしてはいけないと言われている「枕営業」ですが、キャバクラでの「枕営業」は、全く無いとは言い切れないのです。

枕営業は、営業スキルが無くても指名が取れたり、短期的な売り上げを作ることができます。
なので、売り上げが伸び悩み焦っている人や、自分の営業に自信がない、営業するのがめんどくさいなどと感じ安易に手を出しがちです。

また、お客さんに口説かれ断りきれず「枕営業」に走ってしまうというキャバ嬢も…

一時的に売り上げに繋がるので、手っ取り早く稼げると思われがちですが、それ以上にデメリットが沢山あるので頻繁に行われているものではありません。

キャバ嬢が絶対に注意するべき営業方法なので、目先だけのメリットに捕らわると、痛い目に合ってしまいます。

キャバ嬢の「枕営業」デメリットだらけの実態とは…

キャバ嬢の「枕営業」デメリットだらけの実態を解説します!
では、枕営業の実態について、いかにデメリットだらけなのかご紹介していきます。

体の関係を持つとお客さんが来なくなってしまう

男性には、「狩猟本能」というものがあります。狩猟本能とは、逃げる獲物を追うということ。

キャバクラのお店に来る男性は、キャバ嬢との関係を擬似恋愛と解りつつも、どうにかキャバ嬢に振り向いてもうために何度もお店に通います。

そこで簡単に性的な関係を持てたキャバ嬢は、男性にとってこれ以上口説く必要が無くなってしまうのです。

お客さんの中で、「このキャバ嬢はもう攻略できた。」と満足してしまうと、そのキャバ嬢がいるキャバクラのお店には来なくなってしまうのです。

悪い噂を流されてしまう

キャバクラのお店に来るお客さんは、全員とてもお喋りということを頭にいれておきましょう。
性的な関係を持ったキャバ嬢のことを、他のお客さんやインターネット等で武勇伝のように語ります。

そうなってしまうと、「すぐに性的な関係を持てるキャバ嬢」というレッテルが張られてしまい、それを目的にしたお客さんばかりが来店してしまうこともあるのです。

イメージダウンになってしまう

枕営業をするキャバ嬢は、噂が広まればあっという間にイメージダウンしてしまいます。
そしてそのキャバ嬢だけでなく、在籍しているキャバクラのお店までもイメージが悪くなってしまうのです。

1人のキャバ嬢の枕営業のせいでイメージダウンしたキャバクラのお店には、「キャバ嬢と性的な関係を持ちたい。」という、いわゆる痛客が来るようになってしまいます。
お客さんの質が落ちると他のキャバ嬢がお店を辞めてしまい、お店の売り上げが落ち、枕営業をしたキャバ嬢はイメージの悪さからクビになってしまったり、他のキャバクラでも働きにくくなるのです。

法律的に訴えられるケースもある

もし、枕営業をして性的な関係を持ったお客さんが既婚者だった場合、枕営業をしたキャバ嬢が訴えられてしまうケースもあります。
お客さんの奥さんが知った時、お客さんは必ず保身に走ります。

不倫関係になってしまったからには、「知らなかった。」では済まされません。
目先の売り上げのためにした枕営業で、慰謝料を払うために多額の借金を背負ってしまうこともあるということです。

病気や妊娠のリスクがある

キャバ嬢に枕営業を持ちかけるお客さんは、キャバ嬢と性的な関係を持つことが最終目標です。
キャバ嬢と性的な関係を持ったその後のことを全く考えていないため、きちんと避妊する人は少ないのです。

性病は初期段階では自覚症状が少なく、気付いたときには手遅れになってしまうなんてことも…。
また、妊娠してしまった場合、中絶をすれば健康な体を傷つけてしまうことになり、望まない出産をすればその後の人生に大きな影響が及びます。

避妊をしないような無責任なお客さんは、何かあった時に連絡すら取れずキャバ嬢に対し責任を取るなんて事は考えられません!
これから先の人生をも狂わせてしまう可能性があるのが枕営業です。

キャバ嬢が「枕営業」を誘われたら…しっかり断る勇気が大切!

キャバ嬢の「枕営業」デメリットだらけの実態を解説します!
お客さんに枕営業を持ち掛けられたとしても、しっかりと断りましょう!

「○○さん(お客さんの名前)のことは人として好きだけど、そういうことは、本気で好きになった人としたいから、ごめんなさい。」
など、真面目に断りつつも、相手がチャンスを感じるような言い方をすると◎

お客さんは、「自分のことを本気で好きになったら、今よりも深い関係になってくれるかもしれない!」と貴方を指名してお店に再び来てくれることもあります。
もし、あまりにもしつこいお客さんだった場合は、担当のボーイや店長に相談しましょう。

「沢山のお金を使ってもらって申し訳ないな」なんて思わず、「キャバ嬢自身の魅力に対し大金を使う価値があるんだ!」と思いましょう☆
キャバ嬢という仕事に誇りを持つことが大切ですよ♡

安全なキャバクラを選んでクリーンにキャバ嬢しよう♪

キャバ嬢の「枕営業」デメリットだらけの実態を解説します!
在籍したキャバクラのお店の客層が合わないと、指名を取ることが中々難しくなってしまいます。
その結果、枕営業に手をだしてしまうなんてことも…!?

そうならないためにも、働くキャバクラのお店は体験入店で事前にしっかりとチェックしておきましょう!
どんな客層なのかを本入店する前に知ることで、自分に合ったお店に出会うことができますよ◎

体入するなら!業界知名度No.1のナイトワーク専門求人サイト☆体入ドットコム

厳しい審査を通過した『優良店』のみ掲載だから、とにかく安心×安全!!
未経験者さんに優しいナイトワーク専門求人サイト「体入ドットコム」であなたにピッタリのお店を見つけましょう☆
キャバ嬢の「枕営業」デメリットだらけの実態を解説します!

キャバ嬢の「枕営業」デメリットだらけの実態を解説します!

体入ドットコム 即日体入情報