キャバクラ求人・バイトを探すなら「体入ドットコム」

友達と一緒にキャバクラで体入するメリット・デメリットと注意点を解説!

ピンクの背景で笑い合う2人の日本人の女性

\ 今日、すぐに働きたい /

「キャバクラで働いてみたいけど、一人だと応募する勇気が出ない」
「友達と一緒に同じキャバクラで働いてみたい」
「友達と一緒にキャバクラの体入に行くメリットやデメリットを知りたい」

キャバクラの体入を仲の良い友達と一緒に受けてみたいと思う人は多いです。

そこでこの記事では、友達と一緒にキャバクラの体入をするメリット・デメリットを注意点を解説します!

これから友達と一緒にキャバクラの体入を受けるつもりなら、ぜひ本記事を参考にしてくださいね♪

大学の友達と体入を考えているなら、以下の記事もオススメです。

目次

友達と一緒にキャバクラの体入に応募してもいいの?

ピンク色のドレスをきた若い3人の女性が眠っている

「友達と一緒に体入OK!」「友達と一緒の応募歓迎!」と書かれているキャバクラ求人であれば、友達と一緒に応募しても問題ありません。

友達と一緒に応募すると、同じ時間から働いて同じ時間に上がることができますよ☆ただし、後で詳しく解説しますが、友達同士だからこそ発生する問題もあります。

友達と一緒にキャバクラの体入に応募するかどうかは、慎重に決めなければいけません。

\ 体入ドットコムなら友達同士でも体入可能 /

友達と一緒にキャバクラで体入をするメリット

4人の若い女性が仲良さそうに密着して微笑んでいる

まずは、友達と一緒にキャバクラで体入をするメリットを解説します!

友達と一緒だと緊張や不安を減らせる

体入とはいえ、キャバクラで働くのは勇気が必要ですよね?1人だけで体入に行くとなると、緊張や不安で上手く接客ができなくなるかもしれません。

しかし、初めての体入でも友達と一緒なら、「〇〇ちゃんと一緒だから大丈夫!」と思いながら安心して働けます!

お店によっては、友達と一緒のテーブルに付けてくれることもあります。

友達と一緒ならのびのびと楽しく働けるので、お店側から「あの子元気でいいな!」と好印象を持ってもらえますよ♪

体入後に友達とお店の特徴を共有できる

体入後に「このお店は〇〇がよかった!」「でも△△は少し気になったな…」などお店の特徴を共有できるのも、友達と一緒に体入をするメリットです!

1人で体入に行く場合は、仕事に集中しすぎてお店の良いところや悪いところを見落としてしまうかもしれません。

しかし、体入後に友達とお店について話せば、自分だけが見落としていたポイントに気付ける可能性が高まります♪

友達の意見を参考にすることで、体入したお店が自分に合っているのかを判断しやすくなるでしょう。

体験入店で良いお店を見極めるポイントを知りたい人は、以下の記事を参考にしてくださいね♡

友達と一緒だと自分の意見を伝えやすい

体入はあくまでお試しで働くシステムなので、自分に合わないと思ったら本入店を断れます。しかし中には、本当は本入店したくないにも関わらず、お店側に悪いと思って断れない人もいるでしょう。

そんなときも友達と一緒なら勇気が出るので、入店しない意思をハッキリとお店側に伝えられます☆

また、時給の交渉をしたり働く時間の希望を伝えたりしやすいのも、友達と一緒に体入をするメリットです♪

体入を断るときは、「どんな断り文句を言えばいいんだろう?」と悩んでしまうかもしれません。体入した後に本入店を断る場合の上手な断り方について詳しく知りたい人は、以下の記事を参考にしてください♡

友達と一緒だと採用が緩くなる場合がある

友達と一緒に体入した場合、不採用になるハズの女性が採用になることがあります☆

例えば、AさんとBさんが一緒にキャバクラの体入を受けるとします。

お店側は体入をした結果、Aさんは採用基準を満たしていると判断しましたが、Bさんは採用基準を満たしていないと判断しました。

しかし、不採用予定のBさんの本入店だけを断ってしまうと、採用基準を満たしているAさんが入店してくれない可能性があります。

なぜなら、友達同士で体入に来ていることから、本入店後も一緒に働きたいと思っている可能性が高いからです。そのため、仕方なくAさんとBさんの両方を採用するケースがあるんです♪

このように、1人よりも2人の方が採用される確率が高くなる場合があります。

入店後に友達に悩み事を相談できる

入店後は人間関係や売り上げでさまざまな悩み事が出てくるでしょう。そんなとき、相談できる友達が近くにいると、ストレスを抱えすぎずにキャバ嬢を続けられます☆

ただし、もちろん2人とも本入店が許された場合に限ります。

\ さっそく求人を探す♪ /

友達と一緒にキャバクラで体入をするデメリット

バツマークと友達同士で向き合う様子

ここでは、友達と一緒にキャバクラの体入をするデメリットを紹介します☆

友達と一緒に体入をする際は、デメリットが多いのも事実です。一緒に応募するかどうかは慎重に決めてくださいね。

1人だけが落ちたときに気まずくなる

友達と一緒に体入をしたからといって、必ずしも2人とも本入店できるとは限りません。

「お店の雰囲気に合っていない」「ルックスが基準を満たしていない」と判断されれば、1人が採用でもう1人が不採用という結果になる可能性があります。

自分だけ落ちるのも辛いですし、自分だけ受かったことを友人に報告するのも辛いですよね…。体入の結果次第では、友達付き合いが気まずくなり、友情にヒビが入るかもしれません。

もし友達と一緒に体入をするなら、事前にどちらか一方だけ採用されたときのことを話し合っておきましょう。

「1人だけ採用されても気にしないようにしないね。」と言葉を交わしておくだけでも、気まずくなる状況を少しでも回避できますよ☆

また、高級キャバクラは採用のハードルが高いので、どうしても1人だけが採用されることが多いです。絶対に友達と一緒に働きたいなら、高級キャバクラの体入は避けましょう。

それでもどうしても高級キャバクラで働きたい!という人は以下の記事も合わせてチェックしてみてください。

\ 時給7,000円以上♪ /

採用後の待遇に差が出る場合がある

採用後の待遇に差が出る場合があるのも、友達と一緒にキャバクラで体入をするデメリットです。

例えば、どちらかの容姿がめちゃくちゃ良かったり、お店のコンセプトにぴったりと合致していたりすると、その女の子だけ時給が高くなる場合があります。

2人で一緒に働こうとしたとしても、お店側は2人を同じ評価にはしてくれません。

お互いを認め合っていれば大丈夫かもしれませんが、優越感やコンプレックスを刺激されてかなりストレスが溜まる状況に追い込まれる可能性もあります。

お店によっては、ルックスが悪い女の子を辞めさせようとわざとシフトに入れないようにしたり、早く上がるように促したりするなど、露骨に嫌がらせをしてくるかもしれません!

また、ルックスが良かったり能力が高かったりする場合でも、不当に時給を下げられていることがあります。これは2人のうちの1人を仕方なく採用した場合に起こります。

例えば、入店後にAさん4,000円、Bさん3,000円など2人の時給に差があると、お互いの仲が悪くなって2人とも働かなくなってしまう可能性があります。

こういったケースを避けるために、Aさん1人なら本来は時給4,000円貰えたりにも関わらず、Bさんの時給に合わせて3,000円になることがあるのです。

あまり表には出てこない話ですが、お店の都合で時給が下げられるケースはゼロではありません。

最初から「友達同士OK」としているキャバクラに応募すれば問題なし♪

体入荒らしと間違えられる可能性がある

ナイトワーク業界では、友達同士で体入荒らしを行う人たちもいます。

体入荒らしとは、本入店をするつもりがないのに、体験入店を繰り返してお金を稼ぐことを言います。

友達と一緒に何店舗ものキャバクラで体験入店をしていると、自分たちにそのつもりがなくてもお店側に体入荒らしと勘違いされる可能性があります。

体入荒らしとだと思われてしまうと、基本的に2人とも本採用されることはありません。

体入荒らしだと思われないようにするためには、何に気を付けたらいいかは以下の記事をチェックしてくださいね!

\ 納得いくまで友達と体入をしよう /

条件の不一致から体入するお店の選択肢が少なくなる

友達と一緒に体入できるキャバクラを探す際は、希望する条件がすべて同じにはならない可能性が高いです。

友達と一緒に体入をするなら、以下のような条件を友達と合わせる必要が出てくるでしょう。

  • 給料
  • 働くエリア
  • 働く時間帯
  • ヘアメイクの有無
  • 送りの有無など

場合によっては、自分の希望条件を大きく妥協して働かなければいけません。

条件の不一致から体入するお店の選択肢が少なくなるのは、友達と一緒に体入する大きなデメリットです。

本当は採用だったのに不採用になるケースがある

「本当は片方の子だけを採用する予定だったけど、友達1人だけを不採用にするのは可哀想」という理由で、2人とも不採用になるケースもあります。

友達と一緒にキャバクラで体入するメリットで紹介した「友達と一緒だと採用が緩くなる場合がある」の逆バージョンです。このようなケースは少ないですが実際に起こりえます。

ライバル心が芽生えて不仲になる可能性がある

友達同士で入店したとしても、売上や指名数を友達と共有できるわけではありません。

キャバクラは団体戦ではなく個人戦です。最初は「入店したら一緒に頑張ろうね!」と言っていたとしても、売れるためには本人が頑張るしかないのです。

一緒に体入し同じタイミングで採用されることでむしろ比較されやすくなり、ライバル芯が芽生えて不仲になる可能性もあります。

\ 友達と一緒に応募するのは辞めた /

友達と一緒にキャバクラの体入に応募する際の注意点

赤いビックリマークを持つ手

最後に、友達と一緒にキャバクラの体入に応募する際の注意点を解説します!体入に応募する前に必ず確認しておきましょう。

友達と一緒に体入するなら人数は2人が最適

友達と一緒に体入をする際は、2人だけで行くようにしましょう☆なぜなら、3人以上で体入に行くと、お店の負担になってしまうからです。

大きいお店なら3人以上でも受け入れてくれるかもしれませんが、どのお店でも体入の受け入れは基本的に2人です。

「本気でキャバクラで働きたい!」と思っている友達1人を連れて行きましょう!

友達と一緒に体入するなら仕事とプライベートの区別をつける

友達と一緒に体験入店する際は、仕事とプライベートをしっかり区別することが大切です。

お客さんにとっては、あなたが体験入店中であることは関係ありません。プロのキャバ嬢として真剣に接客しないと、お客さんが帰ってしまい、お店に迷惑をかける可能性があります。

体験入店を受け入れてくれたお店のためにも、やる気を出して全力で仕事に取り組みましょう。

まとめ:友達と一緒にキャバクラの体入に応募するかどうは慎重に決めよう

この記事では、友達と一緒にキャバクラの体験入店をする際のメリット・デメリットと注意点について解説しました。

友達と一緒に体験入店をすると、一人で行くよりも緊張や不安を減らせるという大きなメリットがあります。

しかし、友達と一緒に働き始めると、それぞれに向いているキャバクラが異なる場合が多く、嫉妬や劣等感が原因で友情にひびが入ることもあります。

そのため、友達と一緒に体験入店するかどうかは慎重に決めることが重要です。

友達と一緒に体験入店できるキャバクラを探すなら、ナイトワーク専門の求人サイト「体入ドットコム」がおすすめです☆

体入ドットコムでは、「友達と一緒に体入OK」のキャバクラ求人を簡単に探せます。また、厳しい審査を通った安心して働ける求人だけが掲載されており、面接さえ通ればすべてのお店で体験入店が可能です。

友達と一緒に体験入店できるキャバクラを見つけたいなら、ぜひ体入ドットコムを利用してくださいね♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

即日体入情報

目次