キャバクラ求人・バイトを探すなら「体入ドットコム」

キャバクラを辞めたい時はどうすればいいの?円満にキャバ嬢を辞める方法を解説!

片目から涙を流しながら、窓から外を眺める若い女性

\ 今日、キャバクラで働く? /

「キャバクラを辞めたいんだけど、辞め方がわからない…」
「他のキャバ嬢は、どういう理由でキャバクラを辞めてるのか知りたい!」

このように、キャバクラの辞め方や辞める理由が気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、円満にキャバ嬢を辞める方法について解説します☆

キャバ嬢がお店を辞めたいと思う理由を始めとして、お店と揉めずにキャバクラを辞めるためのポイントや、退職後の進路についてもご紹介していきますよ。

キャバクラを辞めようか考えている方は、ぜひ最後までご覧ください!

目次

キャバクラを辞めたいと思う理由

両手で顔を抑えながら座り込むい落ち込んだ様子の女性

キャバクラで働くキャストには、さまざまな理由から退職を考える人がいます。

仕事の大変さやストレス、人間関係や健康の問題など、具体的な理由を挙げていくと、キャバクラ業界で働くことの厳しさが浮き彫りになります。

以下に、キャバクラを辞めたいと感じる主な理由を詳しく見ていきましょう!

年齢的にキャバクラで働くのがきつく感じる

多くのキャバ嬢が辞めたいと思う理由の一つは、年齢的にキャバクラで働くのがきつくなってしまうことが挙げられます。

キャバクラは、夜遅くまでお酒を飲まないといけないお仕事です。20代のころは体力があるため、問題なく働けていたとしても、30代になると体力的にきつくなることも多いでしょう。

また、熟女キャバクラがあるとはいえども、キャバクラでは若ければ若いほど需要があるので、昔のように売上が立たなくなって精神的に辛くなるケースもあります。

このように年齢的に限界を感じ、辞めたいと思うキャバ嬢は多いですよ。

人気争いや指名を取ることに疲れた

レギュラー出勤して頑張っているのに指名が取れなかったり、周りのキャバ嬢に売上を追い抜かれてしまったりと、キャバクラの制度に疲れて辞めたいと思うキャバ嬢も多いです。

多くのキャバクラでは、毎月の売り上げがランキングで評価されます。周りと比較して売上が作れないことに劣等感を感じ、モチベーションが低下してしまうケースも多いですよ。

そもそもキャバクラに向いていない可能性もあります。自分がキャバ嬢に向いているのか知りたい方は、以下のページをチェックしてみてください!

\ ナイトワーク求人多数掲載中♪ /

ノルマやペナルティの厳しさに耐えられない

キャバクラのノルマやペナルティ厳しさに耐えられずに、辞めたいと思うキャバ嬢も多いです。

お店によって厳しさは異なりますが、売上ノルマを達成できなかったら時給が下がってしまったり、当日欠勤をすると罰金1万円を取られてしまうこともあります。

この厳しさがストレスになってしまい、出勤が面倒になる場合も多いでしょう。「もっとゆるく働きたかったのに…」と思い、別の店舗に移店するキャバ嬢も多いですよ!

\ 自分のペースでゆるく働く♪ /

お酒が飲めない・飲むことが辛い

お酒が体質的に飲めなかったり、飲むことが辛くなってしまい、キャバ嬢を辞めたいと思う人も多いです。

キャバクラとお酒は、切っても切り離せない関係があります。そのため、もともとお酒が苦手なキャバ嬢や、お酒を飲むことが辛いと感じるキャバ嬢は、仕事自体が体に合わないと感じることがあるでしょう。

また、何度も繰り返す二日酔いにも嫌気がさして、辞めたいと思うキャバ嬢も多いですよ。

「お酒が飲めないわけじゃないけど、二日酔いがキツイ」という人は、お酒を飲まなくてもOKだと言ってくれるお店に移るのもありです☆

\ フェイクドリンクでお酒飲んだ風♪ /

不規則な生活で体調を崩してしまった

不規則な生活が続くことで、体調を崩して辞めたいと思うキャバ嬢も多いです。

キャバクラは1時に閉店するお店が多いですが、その後アフターに行けば、3〜4時まで起きていることになります。

その結果、昼夜逆転の生活が続いてしまい、体調を崩してしまうキャバ嬢も少なくありません。

さらに、多量飲酒による健康上の問題からドクターストップがかかることもあります。また、お昼に日光を浴びなくなることから、精神的に病みやすくなるケースも多いです。

お客さんとのトラブルにストレスを感じる

お客さんとのトラブルやストーカー行為に恐怖を感じて、お店を辞めたいと思うキャバ嬢も多いです。特に常連客とトラブルが起こった場合、付け回しNGにしても鉢合わせることがあります。

また、お客さんにお店からストーカーされて、自宅の場所がバレてしまうことも…。お客さんと揉めた場合は、別のお店に移店するキャバ嬢も多いですよ!

ボーイや他のキャストとの人間関係に疲れた

ボーイや他のキャストの人間関係に疲れてしまい、お店を辞めたいと思うキャバ嬢も多いです。

担当の黒服との相性が悪いと、ノルマ設定などのミーティングや、付け回しのミスマッチが苦痛になってしまいます。

また、お客さん関係で他のキャストと揉めてしまった場合、お店に居づらくなり辞めたいと思うこともあるでしょう。

お店の内部トラブルは自分でどうにかできることではないので、移店を考えるキャバ嬢も多いですよ。

\ 楽しくお仕事ができる環境は他にある /

憧れていた&仲が良かったキャバ嬢が退店してしまった

憧れのキャバ嬢や、仲が良かったキャバ嬢が退店してしまったことでモチベーションが下がり、キャバクラを辞めたいと思うケースもあります。

自分のなかのロールモデルがいなくなってしまったので、何を目標に頑張ればいいのかわからなくなってしまい、働く気持ちがなくなってしまいます。

また、仲良しだったキャストがいなくなってしまったことで、出勤するのが面倒になってしまい、そのまま辞めるというケースも多いです。

キャバクラの黒服を好きになってしまった

キャバクラの黒服を好きになってしまったという理由で、キャバ嬢を辞めたいというケースもあります。

そもそも黒服とキャバ嬢はビジネスパートナーなので、恋愛関係になることは「風紀(ふうき)」と呼ばれ、厳しく禁止されています。

そこで、黒服のことを好きになっても「風紀」問題で付き合えないので、精神的に辛くなってしまい、お店を辞めたいと思うキャバ嬢が多いです。

また、仮に付き合って風紀の関係になった場合、バレると双方に厳しいペナルティ(罰金など)が課されます。そのため、2人の関係がバレる前に辞めたいと考えるキャバ嬢も多いですよ。

\ 2人の関係がバレる前に移店しよ! /

恋人や家族にキャバクラで働いていることがバレてしまった

恋人や家族にキャバクラで働いていることがバレてしまい、辞めることになったキャバ嬢も多いです。

恋人にバレた場合、「キャバクラを辞めないと別れる」と言われることも少なくありません。

仕事と恋人を天秤にかけた際に、恋人の方が大切だと思い、キャバクラをきっぱり辞めるキャバ嬢も多いですよ。

昼職の就職が決まった

昼職の就職が決まったという理由で、キャバクラを卒業するキャバ嬢も多いです。特にアルバイトの大学生キャバ嬢は、大学卒業のタイミングでお店を辞めることがほとんどでしょう。

また、ずっとキャバクラ1本で働いていた場合でも、昼職に就職して完全に夜職から卒業したいと考えるキャバ嬢も多いですよ。

キャバクラを辞める時はお店とトラブルが起きやすい

点火された爆弾

ここまではキャバ嬢を辞めたい理由についてご紹介しましたが、いざ「辞めよう!」と思っても、お店への伝え方に悩みますよね。実際、キャバクラを辞める時はお店とトラブルが起きやすい傾向にあります。

最も多いトラブルは、しつこく引き止められてなかなか辞められないことです。お店にとっては、キャバ嬢が担当しているお客さんも重要な資産です。

あなたが一定の売上を作れていた場合、退職することで指名客が来なくなってしまうことがあるので、強く引き止められるでしょう。

また、これは悪質な店舗の例ですが、以下のようなトラブルがあります。

  • 辞めると伝えた後に給与の未払いなど金銭トラブルが起こる
  • 辞めることによって罰金を請求される
  • 意図的な売上バックの計算ミスをされる
  • 意図的な同伴料やドリンクバックの支払い遅延が起きる
  • キャバクラを辞める当日まで冷遇される
  • 時給や条件が突然悪くなる
  • 黒服の態度が目に見えて悪くなる

このように、キャバクラを辞める場合はお店とトラブルが起こりやすいことを頭に入れておくようにしましょう。

キャバクラを円満に辞めるためのポイント

キャバクラで自撮りをする日本人のキャバ嬢

ここからは、トラブルが起きないようになるべくキャバクラを円満に辞めるためのポイントについて解説していきます♪

在籍しているキャバクラに笑顔で送り出してもらえるように、一つひとつのポイントをチェックするようにしてくださいね!

事前にキャバクラ退職の意志を伝える

キャバクラを辞める上で、「飛ぶ」行為はNGです!

「飛ぶ」=キャバ嬢が音信不通になってお店に来なくなる行為で、お店にとって最も迷惑行為にあたります。

お店を飛んでしまうとお給料がもらえなくなるだけでなく、個人情報がバレていることから、最悪の場合、両親などに連絡がいく可能性もあります。

突然音信不通になってしまうと、お店の人に心配をかけてしまいますよ。どんなに辞めると伝えるのが気まずくても、せめてメールやLINEを使って伝えるようにしてくださいね。

キャバクラを退職したい意思は早めに伝える

キャバクラを円満に辞めるためには、退職の意思を早めに伝えるようにしましょう!直前に伝えてしまうと、お店側もシフトを組んでいるので迷惑をかけてしまいます。

「思いやりがないキャスト」として扱われてしまうことに加えて、自分のタイミングで辞められなくなりますよ。

退職したい意思は、せめて1ヶ月前には伝えるのがベストです。早く伝えれば早く伝えるほど、引き止められるリスクも減るので、退職すると決めたら早めに伝えるようにしてくださいね♪

常連のお客さんにはお礼の連絡をする

常連のお客さんに、退職することと今までのお礼の連絡をすることも、円満退職する上で重要です。

お店に辞めることを伝えた後は、今まで良くしてもらった指名のお客さんにきちんと連絡するようにしましょう。直近足が遠のいていたお客さんでも、最後と伝えたら来てくれることが多いです。

退職する月にある程度の売上を作ることで、お店側にも貢献できるので、「卒業」という形で円満退職ができますよ♪

なるべく周囲の人に迷惑をかけないようにする

キャバクラを円満退職するためには、自分がいなくなっても周りの人が困らないような状態にする必要があります。

突然辞めると、お店側にとって後任のキャバ嬢を見つけるのが困難になり、営業に支障が出ることも。

迷惑をかけないためにも、お店に伝えた最終出勤日までは責任を持って働きましょう。また、お店を移店するのではなく夜職を完全に卒業する場合は、後輩のキャバ嬢に常連客の引き継ぎをしてあげると◎

後輩が指名を取れるように、名前や連絡先、趣味などを教えてあげると親切です。常連客が最後に遊びに来た際にヘルプで呼んで、その場で紹介してあげるのもおすすめですよ♪

自分が辞めても、お店に常連客が来る仕組みを作ってから退店することで、お店側からも感謝されるでしょう。

キャバクラを辞めたい理由の伝え方を工夫する

キャバクラを円満退職するためには、辞めたい理由の伝え方を工夫する必要があります。仮に辞めたい理由がお店に関する問題であっても、そのまま伝えるのはNG。

「お店の問題=改善できる」と思われてしまうので、言いくるめられて辞められなくなってしまうおそれがあります。

また、辞められるとしてもお店との気まずい状況は避けられません。キャバクラを円満に辞めるためには、お店とは関係のない理由を伝えるのが鉄則です!

次の章では、キャバクラを辞める際におすすめの理由を詳しく紹介していきますね♪

キャバクラを円満に辞める際におすすめの理由5選

トレーを持つスーツ姿の男性とトレーの上で浮かぶチェックマーク

ここからは、キャバクラを円満に辞めるためにおすすめの理由を5つご紹介します。

お店に退職を納得してもらうためには、辞めざるを得ない理由にする必要がありますよ!それぞれ詳しくみていきましょう♪

1. 恋人と結婚するから

おすすめの理由の1つ目は、恋人との結婚を理由にキャバクラを辞めることです。

「恋人に隠してキャバクラで働いていたので結婚を機に退職します」と伝えれば、お店側が止めることはできないでしょう。

きちんと最終出勤日まで働けば、「おめでとう」とあたたかい雰囲気で送り出してくれるはずです。この理由は比較的言いやすいので、ぜひ試してみてください♪

2. 親の介護や看病をする必要ができたから

おすすめの理由の2つ目は、親の介護や看病をするといった理由です。

家族を引き合いに出すことで、スムーズに退職意思を受け入れてもらえるでしょう。「家族よりも仕事を優先してほしい」と言われることは100%ありません。

ただし、親の病名や必要な介護について詳しく聞かれる場合もあるので、この理由にする場合は事前に考えておく必要がありますよ。

3. 個人的な事情で引っ越すことになったから

おすすめの理由の3つ目は、家庭の事情で引っ越すことになったという理由です。

引っ越し=物理的に働けなくなるので、お店側から引き止められることはありません。

事情を聞かれた場合は、「遠方に住んでいる祖母の具合が悪いので近くで様子を見ることになった」「昼職の関係で転勤することになった」など、家族や昼職を理由にすると自然ですよ♪

4. 健康上の問題ができてしまったから

おすすめの理由の4つ目は、自分自身の健康上の問題ができてしまったという理由です。

「お酒が飲めなくなってしまった」「夜は療養する必要が出てきてしまった」など、病気を理由に働けない旨を伝えるようにしてください。

この場合、病名や症状を聞かれることがほとんどなので、事前に病名を決めておくことが大切です。

お酒が飲めないことを理由にしたいなら、肝臓系の疾患になったと伝えると納得してもらいやすいですよ。

5. 妊娠してしまったから

おすすめの理由の5つ目は、妊娠してしまったという理由です。

妊娠した場合は、命を身体に宿していることになるので、お酒はもちろん深夜に働くこともNGです。そのため、なるべく早くお店を辞めたい場合は、妊娠を理由にするのも一つの手です。

ただし、辞める時まで妊娠しているフリをするのは精神的な負担が大きいため、この理由を使う際はよく考えるようにしてくださいね。

キャバ嬢を辞めた後の進路は?

遠くまで伸びる道とクエスチョンマーク

ここまでは、キャバ嬢を辞めたい理由や、円満に退職するためのポイントをお伝えしました。

ここからは、晴れてキャバクラを辞められた場合、どのような進路があるのかをみていきましょう♪

恋人と結婚する

キャバクラを辞めた後、そのまま恋人と結婚するキャバ嬢も多くいます。なかには、お客さんに水揚げされて結婚するキャバ嬢もいますよ♪

この場合、お金持ちのお客さんと結構するケースも多く、結婚した後は専業主婦になることが多いでしょう。

昼職を始める

完全に夜職を引退した場合、昼職を始めるキャバ嬢も多いです。

昼職を探す場合は、夜職経験者専門の転職エージェントに相談すると安心ですよ。

別のキャバクラに移店する

お店のノルマに耐えられなかったり、人間関係が原因でキャバクラを辞めた場合、別のお店に移店するキャバ嬢も多いです。

新しい店舗を探す際は、自分が辞めた原因を見つめ直し、二の舞にならないような条件で探す必要があります。例えば、お店のノルマやペナルティがストレスで退店した場合は、緩く働けるキャバクラを選びたいですよね。

ナイトワークの求人に特化している大手求人サイトの『体入ドットコムでは「罰金なし」「同伴・アフター制限なし」などといった項目があり、自分の希望を絞り込んで求人を検索できます♪

「週1回から出勤OK」「月1回の出勤OK」などの項目もあるので、ゆるっと働ける店舗をすぐに見つけられますよ♪また、お店の人間関係が気になる場合は、とりあえず体入してみてお店の雰囲気を知ることが大切です☆

体入ドットコムでは、即日体入ができる求人のみが掲載されているので、気になるお店にぜひ体入してみてくださいね♡

\ 条件を絞ってピッタリなお店をみつけよう /

キャバ嬢の引退後について以下のページで詳しく解説しているので合わせてチェックしてみてください☆

キャバクラを辞める際によくある質問

水色の背景にQ&Aの木のブロック

最後に、キャバクラを辞める際によくある質問についてお答えしていきます♪疑問や不安を解消して、円満にキャバ嬢を辞められるようにしていきましょう!

キャバクラを即日で辞めることはできる?

キャバクラを即日で辞めることはできますが、円満退職は難しいでしょう。

どうしても即日で辞めたい場合は、メールやLINEで伝えるようにしてください。ただし、当日に辞めると連絡しても、お店側が納得してくれる可能性はとても低いです。

後味が非常に悪い退店になってしまうので、即日で辞めるのではなく、なるべく早めに退職の意思を伝えるようにしてくださいね。

辞めると伝えたのに辞められないこともある?

場合によっては契約上辞められないこともあります。

キャバクラに入店する際には、店舗と個人事業主としてのキャバ嬢の間で、業務委託契約が結ばれている場合があります。

この契約には、契約期間や解約に関する条件が明記されていることがあり、これに従わなければなりません。

そのため、キャバクラに入店する際には、どんな契約内容が書かれているかをしっかり読み込むようにしてくださいね。

また、悪質な店舗の場合、契約を結んでいなかったとしても脅迫されて辞めさせてくれなかったりということもあります。

辞めると言っているのにずっと辞めさせてくれない場合は、はっきりと伝えて退店するようにしましょう。

それでもしつこい場合は、労働相談窓口や弁護士に相談することも検討してみてください。

辞めたあと自分に合ったキャバクラを探すにはどうしたらいいの?

自分に合ったキャバクラを探すためには、事前に体入してお店の雰囲気やシステムをチェックすることが大切です☆

体入時のボーイの接し方やキャストの雰囲気を見るだけで、人間関係のトラブルが起こりやすそうかをジャッジすることもできます。

即日体入できるキャバクラを探すなら、「体入ドットコム」を使うのがおすすめです♪全国の即日体入できるキャバクラを一発で探せるので、スキマ時間でサクッと見つけられますよ。

空いた時間を有効活用♪即日体入が可能なキャバクラに応募する

まとめ:キャバクラを辞めたい場合は早めにお店に伝えればOK!円満退職できるようにポイントをしっかり押さえよう!

今回は、キャバ嬢を辞めたくなる理由や、キャバクラを円満に辞める方法について詳しく解説しました。

キャバクラを辞める際にはトラブルが起こりやすくなりますが、早めにお店に伝えることで、円満に退職しやすくなります。

また、新しい在籍店舗を探す場合は、自分が辞めた原因を解消できるキャバクラを探すことが重要です。

そんな人にはナイトワーク専門求人サイトの「体入ドットコム」がおすすめ!自分に合った条件でキャバクラを探せるので、気になるキャバクラを見つけたら気軽に応募してみてくださいね♪

ストレスフリーに働くためには、キャバクラの雰囲気も事前に知っておく必要があります。「体入ドットコム」に掲載されている求人は、すべて即日体入が可能なので、体入をして実際の雰囲気をチェックしてみてくださいね♡

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

即日体入情報

目次