キャバクラ求人・バイトを探すなら「体入ドットコム」

朝キャバ・昼キャバとは?夜キャバとの違いや働くメリット・デメリットを解説!

朝と夜の都内の様子を半分ずつで表現している上空写真

\ 今日ひま!即日体入OK♪ /

「昼の時間帯にやっているキャバクラってあるの?」
「朝キャバ・昼キャバと夜キャバの違いって何?」
「明るい時間に働ける朝キャバ・昼キャバで働きたい!」

キャバクラは夜から深夜まで営業しているイメージを持っている人が大半でしょう。しかし、最近は夜に限らず、朝や昼に営業しているキャバクラもあるんです♪

この記事では、朝キャバ・昼キャバと夜キャバの違いや働くメリット・デメリットを解説します!

朝キャバ・昼キャバで働こうと思っている人は、ぜひこの記事を参考にしてくださいね☆

目次

朝キャバ・昼キャバとは?

早朝のビル街

朝キャバ・昼キャバとは、朝や昼から営業しているキャバクラのことです♪

キャバクラは風営法によって24時から翌朝6時まで営業を禁止されています。(一部の地域や条例により、25時まで営業が許可されている場合もあります。)

そのため少しでも売り上げをアップさせるために、夜だけでなく朝や昼に営業するキャバクラも増えてきました☆

朝キャバ・昼キャバ・夜キャバの基本的な営業時間は以下の通りです。

キャバクラの種類営業時間
朝キャバ5時~12時
昼キャバ12時~17時
夜キャバ20時~24時(※場合により25時)

朝キャバ・昼キャバの営業時間はお店によって違ったり、季節によって変わったりします。

働く前に朝キャバ・昼キャバの営業時間を知りたいなら、応募しようとしているキャバクラのホームページを確認してみましょう!

すぐに働ける求人を多数掲載中

朝キャバ・昼キャバと夜キャバの違い

AとBを天秤にかけて比較している様子

朝キャバ・昼キャバと夜キャバには、営業時間以外にもいくつかの違いがあります♪

ここでは、朝キャバ・昼キャバと夜キャバの違いについて詳しく解説します!

仕事内容

朝キャバ・昼キャバと夜キャバの仕事内容に大きな差はありません。キャストがお客さんの横に座り、お酒を提供しながら接客するのが基本的な仕事になります☆

ただし、朝キャバ・昼キャバは夜キャバに比べて同伴やアフターが少ないです。

同伴とはお店に出勤する前に外でお客さんに会うことで、アフターとは営業終わりに外でお客さんと食事をすることです。特に朝キャバは営業時間が早いので、同伴はほとんどありません。

確実に同伴&アフターがない朝キャバ・昼キャバの求人を見る

同伴や、キャバ嬢の仕事内容について詳しく知りたい人は、以下の記事を参考にしてくださいね♡

客層

夜キャバのお客さんとして多いのは、会社経営者やサラリーマンです。

一方、朝キャバ・昼キャバには、以下のような日中に自由な時間があるお客さんが来店します♪

  • ホスト
  • バーテンダー
  • 夜キャバのボーイ
  • 夜勤終わりの男性
  • 高齢男性

ホストやバーテンダー、夜キャバのボーイは同業者なので、キャバ嬢の接客に対して厳しい目で見ることがありますが、同時にその大変さを理解してくれることもあります。

そのため、接客する際は会話の内容やサービスに気を遣い、質の高い接客を心がけることが重要です。また、年齢を重ねると朝方の生活スタイルになる人が多く、朝キャバ・昼キャバには高齢のお客さんも多く訪れます。

定年を迎えて時間とお金に余裕のある高齢のお客さんの中には、話し相手を求めてキャバクラに通う男性も少なくありません。

朝キャバ・昼キャバは昼間に営業しているため、悪酔いしたり異常にテンションが高かったりするお客さんはほとんどいません♡そのため、夜のキャバクラに比べて接客は楽な傾向があります。

働きやすい朝キャバ・昼キャバの求人を見つける

働いているキャスト

夜キャバでは、専業の女の子やもっと収入を増やしたいと思っているOL、時間に余裕がある大学生などがキャストとして働いています。

朝キャバ・昼キャバにも夜キャバで働いているような女の子はいますが、特に多いのがシンママ(シングルマザー)や子持ちの女性です♪

子どもがいる場合、夜の時間帯に家を空けるのは難しいですが、朝キャバ・昼キャバなら子どもを保育園や幼稚園に預けてから働けます☆

日中は保育園や幼稚園に面倒を見てもらえるので安心ですし、昼〜夕方に仕事が終わってから迎えに行った後は家族の時間を過ごせます。

そのため、子どもがいてキャバクラで働きたいと思っている女性は、朝キャバ・昼キャバを希望することが多いです。

シフトが自由な朝キャバ・昼キャバなら子持ちでも働きやすい!

シングルマザーがキャバクラで働く際の注意点と心構えを知りたい人は、以下の記事を参考にしてくださいね♡

実際に昼キャバで働く女性のインタビュー記事もご覧ください♪

平均時給

夜キャバの平均時給は3,000円〜5,000円で、さらに頑張り次第で指名バックやドリンクバックなどのインセンティブが上乗せされて給料が決まります。

一方、朝キャバの平均時給は約2,000円〜3,000円で、昼キャバは朝キャバよりも少し高めの時給が設定されていることが多く、平均時給は約2,500円〜3,500円です。

種類平均時給
夜キャバ3,000円〜5,000円
朝キャバ2,000円〜3,000円
昼キャバ2,500円〜3,500円

朝キャバ・昼キャバの時給が夜キャバに比べて低い理由は、お店に来るお客さんが少ないからです。また、朝や昼はお酒を飲む人が少なくなるので、ドリンクバックも少なくなります。

\ 高時給でしっかり稼げるチャンス! /

朝キャバ・昼キャバで働くメリット

お酒を飲む黒いワンピースのロングヘアの女性

ここでは、朝キャバ・昼キャバで働くメリットを解説します!夜キャバとどっちで働くか迷っている人はぜひ参考にしてくださいね♪

同伴やアフターがほとんどない

仕事内容の部分でも触れましたが、朝キャバ・昼キャバでは同伴やアフターがほとんどありません☆

その理由は以下の通りです。

  • 仕事終わりに来店するお客さんは疲れているため、同伴やアフターを希望することが少ない
  • 高齢者のお客さんは、そもそも同伴やアフターを希望しないことが多い

お客さんと店外で会う時間を作る必要がないため、朝キャバ・昼キャバはプライベートの時間を大切にしたい女の子にぴったりです☆

水商売をしていることが周りにバレにくい

夜キャバで働いていると、夜にLINEの返信ができなかったり、遅い時間にいつもいなかったりすることで、キャバクラで働いていることがバレてしまう可能性があります。

一方、朝キャバ・昼キャバであれば勤務時間が普通の仕事と変わりません♪そのため、親や彼氏、友達にも水商売で働いていることがバレにくいです。

周りの人にキャバクラで働いていることを知られたくないなら、夜キャバよりも朝キャバ・昼キャバで働くのがオススメですよ!

ただし、お酒を飲みすぎてベロベロに酔って帰宅すると、結局「ナイトワークで働いているのでは?」と疑われてしまいます。朝キャバ・昼キャバで働くにしても、お酒の飲みすぎには注意しましょう。

キャバクラの仕事を身近な人にバレない方法を詳しく知りたい人は、以下の記事を参考にしてくださいね♡

規則正しい生活が送れる

夜キャバで働く場合、帰宅時間が深夜になるため、どうしても生活リズムが崩れてしまいます。酒の飲み過ぎと合わせて、体調を崩して働けなくなってしまう女の子も少なくありません。

しかし、朝キャバ・昼キャバなら、明るい時間に家を出て暗くなる前に家に帰れます♪自然と早寝早起きの習慣がつき、体調を崩すことなく規則正しい生活が送れるでしょう!

衣装代やヘアセット代を節約できる

夜キャバで働く場合、ドレスの着用やヘアセットは必須です!ドレスは高いと3万円くらいになり、ヘアセット代は給料から毎回1,500円程度引かれます。

しかし、朝キャバ・昼キャバはカジュアルなスタイルが一般的です☆

そのため、服装はワンピースでOKなお店が多いですし、ヘアセットも自分で簡単に整える程度で良いお店がほとんどです。

お金をかけずに気軽に働けるのも、朝キャバ・昼キャバの魅力のひとつですよ♪

派閥争いがない

夜キャバは稼ぎたい女の子たちが派閥を作り、他のグループと対立して嫌がらせをすることも少なくありません。

一方、朝キャバ・昼キャバはガツガツした女の子が少ないので、派閥争いはほとんどないです!

シングルマザーや子持ちの女性といった似た境遇の女性が集まっているので、ライバル心よりも仲間意識が強いお店が多いんです♪

また、朝キャバ・昼キャバは売り上げノルマが厳しくないケースが多いので、自分のペースでストレスなく働けますよ!

キャバクラの派閥について詳しく知りたい人は、以下の記事を参考にしてくださいね♡

子どもがいても働きやすい

朝キャバ・昼キャバはキャバクラでありながら、勤務時間は昼間の仕事とほとんど変わりません。そのため、小さな子どもがいる場合でも、保育園や幼稚園に預けてから出勤できます。

仕事が終わって子どもを迎えに行った後は、絵本を読んだり一緒にお風呂に入ったりなど、家族のかけがえのない時間を過ごせますよ♡

また、子持ちの主婦やシンママが多いキャバクラでは、子どもの行事や体調に合わせて休みを取ることを許してくれるお店も多いです。

子どもがいても働きやすいのは、朝キャバ・昼キャバの大きなメリットと言えますね♪

\ 好条件の求人を今すぐチェック! /

朝キャバ・昼キャバで働くデメリット

黒いレースのワンピースをきた無表情の若い日本人女性

朝キャバ・昼キャバには多くのメリットがありますが、デメリットも存在します。

ここでは、朝キャバ・昼キャバで働く際に知っておきたいデメリットについて詳しく解説します。

夜キャバと比べて時給が安い

朝キャバ・昼キャバは夜キャバに比べてリーズナブルな料金設定になっています。そのため、キャストの時給も夜キャバよりも少し低いです。

また、指名バックやドリンクバックも少なく、同伴やアフターの手当てもそれほど見込めません。とはいえ、普通の昼のアルバイトよりも高い時給が貰えることは間違いありません!

「夜に働くのは厳しいけれど、効率よくお金を稼ぎたい!」という人には、朝キャバ・昼キャバはぴったりの仕事です♪

\ 高時給でしっかり稼げるチャンス! /

求人数や採用枠が限られている

朝キャバや昼キャバは、夜のキャバクラに比べて、全体の求人数も少なくなりがちです。これは、夜間の営業が主流である業界の特性から来ています。

そのため、求人数が少ない中で働きたいと考える女性も多いため、競争は非常に激しくなります。

朝キャバや昼キャバの採用基準が高いわけではありませんが、求人数に対して応募者が多い有名店の場合は、面接に受かりにくくなること覚えておきましょう!

\ あなたにぴったりの求人が見つかる♪ /

まとめ:朝キャバ・昼キャバは生活リズムを崩さずに稼げる!

この記事では、朝キャバ・昼キャバと夜キャバの違いや働くメリット・デメリットを解説しました。

朝キャバ・昼キャバと夜キャバは営業時間だけなく、客層や働いているキャスト、給料相場も違います。そのため、働きやすいと感じるかどうかは個人差があるでしょう。

しかし、生活リズムを崩さずに稼げるのは、朝キャバ・昼キャバの大きな魅力です!朝キャバ・昼キャバで働きたいと思った人は、ぜひ一度面接を受けてみてくださいね♡

朝キャバ・昼キャバの求人は夜キャバよりも少ないので、通常の方法ではなかなか見つけられません。そこでオススメしたいのが、ナイトワーク専門の求人サイト「体入ドットコム」です♪

体入ドットコムなら、朝キャバ・昼キャバに絞って求人を探せます。風俗店や悪質な店舗は一切掲載しておらず、信頼性の高い求人のみを載せているので、安心して利用できます。

また、面接さえ通過すれば、すべてのお店で体験入店することが可能です☆

朝キャバ・昼キャバで働きたい人は、まずは体入ドットコムを利用して自分に合った求人を探してみましょう。

\ 即日体入ができる求人に応募しよう /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

即日体入情報

目次