キャバクラ求人・バイトを探すなら「体入ドットコム」

キャバ嬢のストーカーになりやすいお客さんの特徴や対処法を解説!

恐怖の表情で電話で話す日本人の若い女性と女性の背後にいる男性

\ 今日、キャバクラで働きたい /

「キャバ嬢として働いているけどお客さんからのストーカー行為に悩んでいる」
「ストーカー被害を受けた場合の対処法について知りたい…」

キャバ嬢として働く女性の中には、お客さんからのストーカー行為に悩む女の子も多いのではないでしょうか。

ストーカーは自身の仕事やプライベートに悪影響を及ぼすだけでなく、精神的にも大きな負担となるためできれば避けたいものです。

一方で、キャバ嬢はその職業柄様々なトラブルに巻き込まれやすく、場合によってはお客さんがストーカーになってしまうことも。

この記事では、キャバ嬢がストーカーに遭った場合に考えられる被害やリスク、ストーカーになりやすいお客さんの特徴、対処法などについて詳しく解説します。

目次

キャバ嬢はストーカーに遭いやすい?

水色の背景にクエスチョンマーク

キャバ嬢の主な仕事は、お客さんに楽しいひと時やお酒、時には擬似的な恋愛体験を提供することです。

そのため、キャバ嬢本人にその気がなくても、お客さんが誤解して恋愛感情を拗らせてしまい、ストーカー行為に発展することがあります。つまり、キャバ嬢はストーカーに遭いやすいと言えます。

ストーカー被害は非常に深刻で、プライベートが侵害されたり、安心して働けなくなる可能性があります。

売れっ子キャバ嬢として活躍するためには、お客さんとの関係性を上手に構築することが大切ですが、同時にストーカー被害に遭わないための対策も必要です。

\ ストーカー対策を講じた上で働く /

キャバ嬢がストーカーによって受ける被害やリスク

電話で話す若い日本人の女性

キャバ嬢がストーカーによって受ける被害やリスクには以下の様な例が挙げられます。

  • LINEやメールなどを通じた執拗な連絡
  • SNS上での監視
  • 店外や自宅前での待ち伏せ
  • 自宅までの尾行
  • 望まないプレゼントや手紙の送付
  • 友人や家族に対する干渉
  • プライバシーの侵害
  • 身体的・精神的な嫌がらせ

キャバ嬢がストーカー被害に遭った場合、日常生活や仕事に悪影響を及ぼすだけでなく、精神的に大きな苦痛を受けることとなります。

また、場合によっては自分だけでなく家族や友人などを巻き込んだトラブルに発展することも。

お客さんからのストーカー行為はどんどんとエスカレートすることも考えられるため、早め早めに対策を講じなければなりません!

少しでも安心できる環境を選ぼう

キャバ嬢のストーカーになりやすいお客さんの特徴とは?

フードを目深にかぶった不気味な様子の男性ストーカー

ここからは、キャバ嬢のストーカーになりやすいストーカー予備軍とも言えるお客さんの特徴について解説します。

「このお客さん大丈夫かな?」「何か常軌を逸した挙動が気になるんだけど…」と不安に思うキャバ嬢は要チェックです!

ストーカー化しやすいお客さんの特徴:女性経験が乏しい

あまり恋愛をしたことがない、女性経験が乏しいというお客さんは、キャバ嬢のストーカー予備軍になり得ます。

何故なら、恋愛経験が少ない男性はキャバ嬢との駆け引きが上手ではなく免疫もないからです。

「◯◯さん、格好良い!」「◯◯さんの様な人がタイプです♡」といったキャバ嬢の褒め言葉を真に受けてすぐに好意を抱いてしまいます。

ある意味ピュアではありますが、この手のお客さんはキャバ嬢が営業として褒め言葉を使っていると知った途端に裏切られたと勘違いし、ストーカーに豹変することも考えられます。

キャバクラは疑似恋愛を提供する空間ではありますが、お客さんを見極めることも大切です。

ストーカー化しやすいお客さんの特徴:彼氏ヅラをしてくる

お客さんの中には、色恋営業をしていないにも関わらずキャバ嬢と付き合っていると勘違いして彼氏ヅラをしてくる人もいます。

初めはちょっとした冗談の様なつもりでも次第に行動がエスカレートすることがあり、場合によってはストーカーになってしまうことも。

「◯◯ちゃんは俺のことが1番じゃないの?」「自分以外のお客と会話するのはやめてほしい」といった言動が見られるお客さんには特に注意したいものです。

ストーカー化しやすいお客さんの特徴:しつこく連絡してくる

キャバ嬢にとってお客さんとの連絡先交換は必須ですが、それは指名獲得や次回の来店を促す営業活動のためです。

しかし、お客さんの中にはキャバ嬢と連絡先交換をした後に「お店の外でお気に入りの女の子に会いたい」と考える人が一定数います。

こうしたお客さんは一向にキャバクラに遊びに来ないものの、しつこくLINEを送ってくる傾向にあります。

キャバ嬢が返信をしていないにも関わらず間髪入れずにメッセージを送ったり、「返事が遅い」「早くメッセージ読んで!」と促してくる様なお客さんはストーカーになりやすいため要注意!

また、タチが悪いことに連絡がしつこいお客さんはネットに関する知識に長けていることが多く、SNSやネット上でのストーカー行為にまで発展することも。

X(旧Twitter)やInstagramなどの投稿から住所や行動パターンを特定されることもあるため、慎重な対応を心掛けましょう。

ストーカー化しやすいお客さんの特徴:ネット上でしつこくコンタクトをとってくる

ネット上でしつこくコンタクトをとってくるお客さんもキャバ嬢のストーカー予備軍です。

  • SNSに投稿したら即コメントを付けてくる
  • 写真などからどこにいるか特定しようとする
  • 何度もDMを送りつけてくる
  • 他の男性ユーザーに対して攻撃的になる

こうしたネットストーカーが今急激に増えています。

また、悪質な場合だと、アカウントをブロックされているにも関わらず別人になりすまして接触を試みるケースも見受けられるため、注意が必要です!

ストーカー化しやすいお客さんの特徴:頻繁にプレゼントを贈ってくる

お客さんが意中のキャバ嬢にプレゼントを用意することはさほど珍しいことではありません。

しかし、経済的に余裕がある訳でもないのに頻繁にプレゼントを贈ってきたり、あまりにも高額な贈り物を渡された場合には警戒しなければなりません。

キャバ嬢に対して貢ぎまくるお客さんは、「これだけプレゼントを渡したんだから見返りが欲しい…」という感情を抱く様になります。

また、最近ではライブ配信をして投げ銭を稼ぐキャバ嬢も増えていますが、その際にストーカーのお客さんから送られてくる投げ銭もエスカレートする傾向にあります。

「何でこんなに貢いでいるのに自分の気持ちに応えてくれないんだ!」と逆上し、結果としてストーカー行為にまで発展してしまうケースも多く見受けられるため注意が必要です。

ストーカー化しやすいお客さんの特徴:指名被りに過剰に反応する

キャバクラは、ピーク時になると他のお客さんと指名被りが起こることも珍しくありません。

この場合には、他のキャバ嬢にヘルプをお願いして一時的に席を離れることとなりますが、「何で他のテーブルに行くんだ!」と指名被りに対して過剰な反応を見せるお客さんがいます。

こうしたお客さんは、キャバクラというシステムを無視して意中のキャバ嬢を独占しようとする傾向が見受けられ、場合によってはストーカー行為に発展するケースもあるため気を付けましょう。

ストーカー化しやすいお客さんの特徴:支払い方法が突然変わる

これまでクレジットカードで会計をしていたにも関わらず、ある日突然現金払いに変えるお客さんがいます。

その日たまたまクレジットカードを忘れただけ…ということも考えられますが、何度も現金での会計が続けばキャバ嬢にお金を貢ぎ過ぎてカードを止められた可能性があります。

支払い状況が悪くなれば当然お店への足も遠退き、最終的には「自分と関係を持たないのであれば今まで貢いだお金を返せ!」と迫られることもあるなど、大きなトラブルに発展することも考えられます。

単に支払い方法が変わっただけと看過することなく、お客さんの懐事情をしっかりと把握することも意識しましょう。

\ お客さんとの距離感に注意して働く /

キャバ嬢がストーカー被害にあった場合の対処法とは?

ストーカーと危険を表すマークとIT

ここからは、キャバ嬢がストーカー被害にあった場合の対処法について解説します。

少しでも不安に感じる場合には迷うことなく以下の様な対応を取ることをおすすめします。

警察に相談する

少しでもストーカー行為に不安を感じるのであれば、まずは警察に相談することが1番です。

いくらお客さんといえども決してストーカー行為を我慢する必要はなく、早期に警察に頼ることで重大事件への発展を防げることもあります。

しかし、警察職員によっては「キャバ嬢とお客さんの間のトラブルはよくある話」といってまともに取り合ってもらえないこともあります。

こうした場合には女性警察官への対応をお願いしたり、ストーカー相談窓口に相談することがおすすめです。

また、警察は基本的にストーカー被害に悩む女性に対して親身に相談に乗ってくれます。証拠となるスクリーンショットやお客さんとの会話のやり取りなどを録音しておくとより効果的な対策を講じてもらえます。

ストーカー被害を受けたキャバ嬢が警察に被害申告をした場合には以下の様な流れで処分や処罰が下されることとなります。

  1. 警告
  2. 禁止命令
  3. 逮捕
  4. 検察官送致
  5. 起訴・不起訴の決定
  6. 刑事裁判

ストーカー規制法に違反する行為が見受けられる場合であっても警告や禁止命令の順を踏まないと逮捕に移れないのが一般的ですが、その内容が悪質と判断された場合にはすぐ逮捕が必要と判断されることも。

自分自身で証拠を集めておくことで悪質なストーカー被害から身を守ることが可能です!

お店のボーイ達に相談する

キャバ嬢がストーカー被害を受けた場合には、店長やボーイなどのお店の人に相談することも大切です。

ストーカー行為を受けているという事情を伝えておくことで悪質なお客さんを出禁にしてくれたり、接客中にも気にかけてもらえます。

また、同伴やアフター時に少しでも危険を感じた場合に店長やボーイ達と連携することでトラブルを未然に防げたり、お店で2人きりになるのが怖い場合にはボーイが同席してもらえることも。

店長やボーイ達はあなたの味方であるため、ストーカー行為に遭った場合には遠慮なく相談してください!

弁護士に相談する

警察やお店に相談しても一向にストーカー行為が改善されない、または、自身で問題を解決したいという場合には、弁護士に相談することもおすすめです。

近年では、ストーカー被害に特化した専門弁護士も多く活躍していて、証拠集めやストーカー行為防止に向けた交渉を自身に代わって行ってもらえます。

費用はかかってしまいますが、プロに頼ることで迅速かつ穏便に問題を解決できる場合もあります。

帰宅時に一人にならない

キャバ嬢の多くは深夜や明け方の時間帯に帰宅することとなり、その時間を狙ってストーカー行為に及ぶお客さんもいます。

意中のキャバ嬢の仕事終わりを狙ったり、アフターの後に解散したフリをして自宅までつけられる場合もあるため、最寄駅やプライベートに関する話題は極力避けた方が賢明です。

また、帰宅時に一人になることもなるべく避けた方が良いでしょう。

多くのキャバクラでは送り制度が用意されているのでドライバーに自宅まで送ってもらったり、同じ方向のキャバ嬢がいるのであれば一緒に帰るなどの対策を取ることを強くおすすめします。

仕事が終わったら家まで送ってもらえば安心!送りありのキャバクラで働く

電車がある時間帯に帰ろう!「終電上がりOK」のキャバクラで働く

防犯グッズを携帯する

遅い時間帯まで働くキャバ嬢は防犯グッズを携帯することを考えてみても良いでしょう。

近年では様々な防犯グッズが販売されており、防犯ブザーや催涙スプレー、フラッシュライトなどその種類は多岐に渡ります。

防犯グッズだけでは根本的なストーカー問題を解決できないですが、防犯グッズを持っていないよりは安心なので、最低1つは常備しておくようにしましょう。

どんなお客さんが来店するか体入してチェック

キャバ嬢が知っておきたいストーカー規制法とは?

法律を表す天秤とガベル

キャバ嬢が知っておきたい法律のひとつに『ストーカー規制法』があります。

ストーカー規制法(正式名称:ストーカー行為等の規制等に関する法律)は、ストーカー行為を規制し、その被害を防止するための日本の法律です。

具体的には、つきまといや監視、嫌がらせ、脅迫などの行為を禁止し、これらの行為を行った者に対して警告や禁止命令を出すことができます。

違反者には罰則が科される場合があります。この法律により、被害者の安全と安心を確保し、ストーカー行為を防止することを目的としています。

ストーカー行為に該当する行動例は以下のとおりです。

  • 店外での待ち伏せ・帰宅途中での尾行
  • メールやLINE、電話でのしつこい連絡
  • SNSや掲示板などでの誹謗中傷
  • プライベートの監視
  • デートや交際の強要

こうした行為が見受けられる場合には、相手方に対して明確にやめてほしいと伝えた上で、ストーカー行為の証拠を集めておくことも大切です。

キャバ嬢のストーカーになるのはお客さんだけじゃない!

インターネットでストーカー行為をする人

キャバ嬢に対してストーカー行為を働くのはお客さんだけではありません。

同業者やお店のスタッフからストーカー被害を受けることがあるほか、ライブ配信やSNS上で顔出しをしているキャバ嬢であれば全く面識のないファンから一方的に好意が寄せられることも考えられます。

  • お店の中で必要以上に自身のプライベートを語っている
  • 精神的に弱っていて周囲に依存している
  • 自宅や生活圏などを特定されている
  • 同業者やお店のスタッフ、自身のファンを信じ切っている

こうした「付け入る隙」を与えてしまっている場合には、思わぬ人があなたのストーカーになることも考えられます。

お客さんだけでなく同業者やスタッフ、ファンとも適度な距離感を保ちながら関係を築くことを意識しましょう!

お店の雰囲気を知るためにも体入が絶対するべき

キャバ嬢がストーカー対策としてできることは?

青い背景にピンク色のクエスチョンマーク

キャバ嬢がストーカー被害から身を守るためには、自身の行動や営業スタイルを省みることも大切です。

現在ストーカー被害に悩んでいる、同業やお客さんとのトラブルを未然に防ぎたいという人は、以下のポイントを参考にストーカー対策を講じてください。

キャバ嬢自身ができること

TVのニュースでもストーカー化したお客さんによる事件を見たことがあるのではないでしょうか。

キャバ嬢がストーカー行為から身を守るためには『お客さんに対して勘違いさせない』、『一定の距離感を保つ』ということが大切です。

もし以下の様な行動をしているのであれば、お客さんがストーカーと化してしまう可能性もあるため注意が必要です。

  • お客さんに過度なボディタッチをしている
  • 色恋営業をして無理な支払いをさせている
  • プライベートな情報をついつい話してしまう
  • 飲み過ぎて泥酔した姿を見せてしまう
  • SNSに自身のプライベートを特定できる情報を載せている
  • 送り制度を使わずに帰宅している
  • 通勤時の防犯対策を特に講じていない

また、売れっ子キャバ嬢になればなるほど、特定のお客さんに対して対応が雑になる女の子が多くなります。しかし、1人1人のお客さんを大切にすることが重要です。

一方で、1人のお客さんに依存せず、複数のお客さんから指名をもらえるよう努力することも大切です。

全てのお客さんに丁寧かつなるべく平等に接しながら、幅広く指名をもらうことで、ストーカー被害から身を守ることにも繋がります。

お店に協力してもらえること

ストーカー被害は「自分でどうにか解決するしかない…」と考えるキャバ嬢もいますが、決して独りで抱え込む必要はありません。

店長やボーイなどのお店の人に相談することで未然にストーカー被害を防げることができ、キャバ嬢として安心して働き続けられます。

お店がストーカー行為防止のために、お店が協力できることには以下の様な例があります!

  • 接客中のお客さんの言動をチェックしてもらう
  • 口裏を合わせて長期休暇中や欠勤している旨を伝えてもらう
  • 退店・移籍した旨を伝えてもらう
  • ヘルプをつけてもらい一対一の状況を作らない
  • お店スタッフと一緒にアフターに行く
  • 帰宅時の送迎であえて遠回りをしてもらう
  • 悪質な場合には出禁にしてもらう

ストーカーになってしまうお客さんは、意中のキャバ嬢と何とか関係性を築きたいとの思いからついその行動が暴走してしまいがちです。

あくまでもキャバ嬢とお客さんという関係性であるということをやんわりと伝えてもらったり、場合によっては出禁などの厳しい対応を取ることでストーカー行為を防ぐことができます!

まとめ:キャバ嬢として働くならストーカー対策は必須!

今回は、キャバ嬢がストーカーに遭った場合に考えられる被害やリスク、ストーカーになりやすいお客さんの特徴、対処法などについて解説しました。

キャバ嬢は時にストーカー被害を受けてしまうことがありますが、事前に対策を取ったり早期に対処することでリスクを最小限に抑えることができます。

ストーカーになりやすいお客さんの特徴を理解した上で、自身の行動がお客さんを勘違いさせていないか今一度省みてくださいね。

また、万が一ストーカー被害に遭った場合には、自分の力だけで問題解決をするのではなく警察やお店、弁護士などと連携しながら問題解決を図ることを強くおすすめします。

女性向けのナイトワークに特化した求人サイト「体入ドットコム」に掲載されているキャバクラは、厳しい審査基準をパスしたコンプライアンス意識の高いお店ばかりです♪

現在ストーカー被害に悩んでいる女の子や、安全なお店でキャバ嬢として働きたいという女の子は、是非「体入ドットコム」で、安心して働けるキャバクラを見つけてくださいね♡

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

即日体入情報

目次